忍者ブログ

カウンター

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
まさき&ゆきえ
性別:
非公開

Twitter

ふにゃもらけ

お天気情報

Amazon

ブログ内検索

アーカイブ

カテゴリー

最新記事

最新CM

[09/21 まーちゃん]
[09/18 どら。]
[07/19 まーちゃん]
[07/16 ゆきえ]
[07/09 ゆきえ]

リンク

RSS

バーコード

アクセス解析

忍者アクセス解析を使用してます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法のピンク

准看護学校入学から1週間経ちました。
ぶっちぎりの得票数で学級委員に選ばれてしまいました。
ピーちゃんを保育園に送り迎えもするようになりました。
仕事は慣れてきましたが、来月からシフトも変わるようです。

そんなワケで毎日くたくたです。

しかし、

Image983.jpg買ったどー。

昨日Amazonから届いたのー♪





さだまさし作の『魔法のピンク』が特にイイ。
たくみ姉さんの「うひょひょひょ!」が最高にカワイイです。
『おどれ!どんぶり』のかぶりモノ、
『みんなどろんこ』の汚れっぷり、
どれもタマンナイ♪

このDVD、ハイビジョンではない。それだけが残念。
でもお姉さんに免じて許す。


【総括】
お姉さんと一緒に仕事をしてるお兄さんがうらやましい。
PR

CHE.R.RY

行ってきました、演ってきました鶴舞公園。
着いてすぐKiyosakuさんと合流して、
竜ヶ池の銅像跡へ。

Image965.jpgこんな感じでした。
関ヶ原アコギの集いよりもレベル高。

本番では空気読まずに持ち時間オーバーしてしまい
ちょっと気まずかった。すみませんでした。


このイベントは「基本はアコースティックで」だそーな。
なんとB'zをカバーしたヒトも。

イエモン『LOVE LOVE SHOW』の女性も。

今日初めてライブをするとゆー女の子も。
YUIを選ぶだけあって、なかなかのモンでした。

この3人のギターを担当したのはマーティーさん。
若いのに老獪なテクニックでボーカルをリード。
自らは山崎まさよしを軽々と弾き語って
通行人の視線を釘付けに。

いやー、ワタクシもさすがにビビった。
このヒトの演奏で歌えたらウマくなれるかも?


KIyosakuさんはアクシデントで
自前のキーボードが使えず本領発揮できず。
そりゃ仕方ありません。
サスティンペダルを踏むと逆にサスティンが消えるんですから。


ステージに上がらずセッションに興じるヒトも。
それもまたウマいんだわ。
たまたまアコギ型のベースがあったんで、
アシッドジャズとかファンクにありがちなフレーズで
ワタクシもセッションの輪に加わっちゃいました。
久々のベース、気持ち良かった~。ミスばっかだけど。

恋しくて

Dが広島に帰ります。
名古屋で最後にライブをするので
もし暇があったら寄ってやってください。


そんなメールが大学のサークル仲間から届いたのは
11日のことでした。ライブは14日夜。急だな。
有り難くも、ピーちゃんの面倒を義母がみてくれるとゆーので
ヨメさんとともに名古屋BREATHに向かいました。
結婚式でいっぱい手伝っていただいたのに、
行かないワケにはまいりません。

大学卒業して15年経ちますか、
近くにこんなイカしたライブスペースが出来たなんて。驚嘆。
友人から聞いてて存在だけは知ってましたが。

ライブの雰囲気はこんな感じ
Image947.jpg軽音部時代の盟友・D(左)
広島出身の頼れる兄貴。

同じく、すずきのやすひと(右)通称・ヤット。
二人揃って『すてき』と呼ぶんだそーな。


百戦錬磨の二人ですが、懐かしい顔が一堂に会し、かなり緊張の様子。
最初にBEGINの『恋しくて』、そのあとの10曲は全て『すてき』のオリジナル。

10曲も作っててしかも佳作ぞろいでただただビックリ。
いや、D井ちゃんって自分で曲作って演る、ってイメージ全然無かったもんでさ。
ヤットと組んでレギュラーでやってたコトも意外だったし。

聴いてるうちに、何だか別れを惜しむって感じでは無くなってきて、
これだけの楽曲とコンビネーションを構築したバイタリティのある二人なら
きっとまたココで聴かせてくれるんだろうなとゆー妙な期待感が。
ワシらも彼らに負けちゃいられんな。」変なライバル意識も。


帰り際Dに「いつかまた会えんだろうか???」と問われ、ワタクシはすぐ
「ウチらがココでワンマンをぶちあげた時には、すぐ知らせるよ。」と答えました。
答えた以上、必ず実現しなければなりません。


D井ちゃん、またね。音楽続けてりゃ、また会えるさぇ。


ドンスカパンパンおうえんだん

失業して以来、すっかり教育テレビにハマっている我が家。
『いないいないばあっ!』『にほんごであそぼ』『ピタゴラスイッチ』などなど。
特に『おかあさんといっしょ』はお手軽なリトミック教材でもあり、
家に居る時はほとんど欠かさず見ています。

Image942.jpgはむ~ん♪
あぁ神サマ、ぼくたちに
こんなカワイイおねえさんをありがとう♪

まーちゃんが一番喜んでるんだけどね。


そんな「たくみフリーク」に朗報。
最新DVD発売決定。
Image941.jpg買う。

ぜったい買うの。
買うのー。





しあわせになろうよ

昨夜、関ヶ原で初めてのライブをしてきました。

お客さんも出演者も、ご高齢の方が多かった。失礼。
歌モノは少なく、ギターサークル的な雰囲気。
フォークの曲になると、みんな歌いだして歌声喫茶になっちゃったり。

Image934.jpgこんな感じの
実にシンプルなセット。
コチラは主催者の『なろ』さん。
フォーク好きらしく、他の方ともセッションしてた。
アマチュアカメラマンでもあります。


今回が初めてのイベントと伺ってましたが、
なかなかレベル高めで、程よい緊張感がありました。

Image933.jpg中には1曲で終わってしまうヒトや
(クロマチックハーモニカのソロ)
ミスして途中で違う曲に替えてしまうヒトも。
(超難しいクラシックギター)
その雰囲気に呑まれてしまったか。


長渕世代のおじさんもいました。
この町であまりライブする機会が無いとお嘆きのご様子で、
本番も恐る恐る手探りで歌ってた、とゆー印象。
ま、デビュー時ってみんなそーゆーもんですよね。

トリは、ギターとマンドリンを制作しながら演奏もするとゆー
還暦とは思えぬ元気なブルーグラスおじさん。超ウマ。
こんなギターソロ、ワタクシもやってみたいです。


で、ワタクシたちはサックスからピアニカに替えて
まぁそこそこ無難にこなしました。調弦がイマイチでしたが。
今回もピーちゃん大人気。
今回も言われた「まぁ、お父さんソックリ。
なろさんはしっかりワタクシたちのブログをチェックされてて、
このギター、竹で出来てるんですよ。」と紹介してくださいました。
これは非常に驚かれました。ちょっと気分が良かった。


なろさん、今回出させていただいて本当にありがとうございました。
さぁ、次回ココで演るのはいつになるやら…。

ぼくがつくった愛のうた いとしのEmily

早いもので、引っ越しまでもうあと3日となってしまいました。
富塚先生のレッスンも終了。

実は先生から「今まで作った曲を録音しない?」と提案され、
Image860.jpg18日と
25日の2日間、正味4時間、
(註:ミックスダウン含む)
先生宅の練習スタジオで
レコーディングしてました。



録ったのは
・すばらしい日々
・とべたらいいな
・きみならできる
・幸せであるように
・ブリ大根
・アレに乗って
・つばめ
・ふわふわvol.2

わー、たった4時間で8曲!?
改めてみるとスゴイな。
とにかく”形にして残す”コトをナニよりも優先して
クオリティ度外視、見切り発車・妥協は当たり前
超突貫工事で進められました。

サックス以外、ギターとボーカル、コーラスを
同時録り。ほとんどの曲で。
一本のマイクに向かい、
(註:ギターはライン入力)
ギター弾いて歌うワタクシに
ヨメが最接近して歌うワケね。
コレがなかなか弾きづらくってミス連発。ヤヴァい。

Image859.jpgしかし
そんな妙な緊張感も、ヨメの

「あの。口臭い。
の一言で見事にブレイク。



傷心のワタクシをヨソに
サックス録りを珍しくノーミスで済ませたヨメ、
レッスンの成果を存分に発揮。
次回録音する時は、ヨメにとっていちばん難易度の高い
key Aの曲を持ってきます。


「…こうして見てみると、なかなか良い曲ばかりだね。」


ミックスダウン前、静かにセンセはおっしゃいました。
ワタクシたちにとって最高のお褒めをくださいました。
いやいや、ひとえにセンセのプロデュースのおかげです。
本当に、センセのもとで修業してきて良かったです。
ありがとうございました。


そしてできあがったCD、まだ怖くて聴いてません
皆様、もしご希望がございましたら焼き増しいたしますので
ご一報くださいませ。


あんたのバラード

恐らく引っ越し前最後の室内ライブとなる、
フリーダムフォーク集会に参加してきました。

Excelに受かった自分へのご褒美として、
いつもマムゼルではケチって頼まない
フードメニューをオーダー、
すんげーうめーカレーピラフでご満悦~♪

の後、

約20分枠なので厳選して5曲くらい披露。
ワタクシは半袖(ジュビロTシャツ)で妙にハイテンション。
練習と全く違うコトも勢いでやっちゃって
ヨメさんのヒンシュクを買いましたが。

恐らく、試験で燃え尽きていたんだと思います。
で、無理にテンション上げてああなったと。
ま、こんな時もあるわな。

ピーちゃんは相変わらず大人気。
お客さんとすれ違った時、
ピーちゃんを抱っこしてるワタクシを見て
「あ、ソックリ。」と言われた。
ワタクシ、あんなに目キラキラしてませんよ。
眉毛だけは似てますけど。

Image843.jpgpea'sのあとは
松島さんの世良公則ワールド。
いつもながらパワフルな世良節。

思えば、最初にマムゼルに誘ってくださったのは
松島さんでした。多謝。




出演者の皆様へ。
ワタクシたちは何としても必ず静岡へ戻ってきます。
しばらくは落ち着かないでしょうが
可能な限りマムゼルとか掛川城で歌い続けていこうと思います。
これからも宜しくお願いいたします。

思いがかさなるその前に…

掛川音楽広場@こだわりっぱ。
厳しいからっ風の中、遂行。

あー、死ぬかと思った。
ホントに地球は温暖化してるんですか?
アマタツっ!!


あまりの風の冷たさに
ピーちゃん顔面蒼白。
あの顔は本当に危なかった。

まぁ、そんなワケで
Image831.jpg←橋本薫さんが
『思いがかさなるその前に』を
歌いきったトコで帰らせていただきました。

しかしスゴいクルマだ。




WHITE CHRISTMAS

kodawarippa1.JPGおととい、(12/21)
こだわりっぱにて音楽広場を敢行。

試験勉強や就職活動などいろいろあったもんで、
言いだしっぺなのにほとんど練習をやれんまま
ぶっつけ本番で臨んだワケですが、


kodawarippa2.jpg持ち曲を全部、
なんとか大きなミスもなくお披露目できました。

年の瀬で、お城へ向かう観光客も少なめ。
それでも、温かい拍手をいただけました。
お店のヒトも、ピーちゃんに釘付け。


kodawarippa3.JPG今回は
ハートウォームカンパニーさん
参加していただきました。
こちらはクリスマス曲が主体。
素晴らしいコーラスワークにお客さんの反応も上々。
ありがとうございました。またよろしくです。


kodawarippa4.JPGその後は
ハートウォーム石神さんがソロでギター弾き語り、

謎のマスクマン“まーちゃんグリーン”も飛び入り参加。
彼はこのあと、2日間寝込んでしまったそーな。
ゆっくり休んでくれよ、グリーン。



La Marseillaise

ワタクシ、掛川音楽広場の運営委員になっちゃいました。
これまで『サムズアップ』さんとこで毎月催されてきたこのイベント、
今後は『こだわりっぱ』さんや『エルミタージュ』さんなどいろんなトコで
そのつど形を変えて継続していくコトになりそうです。

詳細は決定次第、何らかの形で告知できたらします。
現時点では、あんまし許可なく多くをベラベラ喋れんでね。
てゆーか、おそらく近いうちに『音楽広場』名義の
HP(ブログ?)が開設されるんじゃないかと。


ワタクシ個人の希望としては、そーだなぁ、これからは
高校の軽音部とか積極的に参加していただきたいですね。
あんまし参加者が増えると管理が大変になってくけー、
掛川を音楽の街にしようとゆー趣旨でやってく以上
ワタクシより若い世代との絡みが絶対要るでね。






忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne